> ホーム > 概要と特徴について
文字サイズ
概要と特徴について<データベースの特徴と考え方>
データベースの特徴
  • 車いす・および関連製品の諸機能の活用により実現されうるような
    1. ニーズから福祉用具の検索が行える
  • データベースの検索画面への選択入力・直接入力により
    2. 機能・重量・サイズ等から検索が行える
  • 各メーカー・地域事業者様(現在、東京・南多摩地区)にご協力頂きました結果
    3. レンタル・販売の取扱先・参考価格を検索できる
  • 南多摩圏域各機関よりの情報提供、永生会の適合業務(シーティングクリニック等)を通じて
    4. 実際に適合を行い有効性が確認された車いすを主に紹介している
データベースの考え方
  •  福祉用具は、その選び方に専門性が求められがちです。しかしながら、車や服選びと同様、自ら気に入った福祉用具を選び・使うことは、消費者の当然の権利です。「消費者=福祉用具利用者がニーズに基づいて福祉用具を選ぶ」ことを支援するという前提に立ち、そのための情報を地域支援という立場から本データベースを通じて提供していきたいと考えています。
  •  ニーズは無限にあるように感じられます。とはいえ、「物の開発は利用者のニーズに支えられている」と考えれば、今日まで発展してきた福祉用具の諸機能は、それなりに利用者のニーズを反映しているのではないかという仮定が成り立ちます。そこで、本データベースでは、福祉用具の代表的諸機能が満たそうとしているニーズを簡潔に表現してみました( 車いすの機能説明と対応ニーズ )。
  •  そして、それら機能の有無から、各製品がどの程度ニーズを満たすことができるかを以下の原則のもと複数のセラピストにより段階評価しています。
    ★★★ :ニーズを実現するための複数の適した機能がある。ないし、優れた機能がある。
    ★★   :ニーズを実現するための1つの適した機能がある。(その他にも最低限の機能がある)。
    ★    :ニーズを実現するための最低限の機能がある。
    +α   :ニーズの実現のためには、他製品の併用が必要である。
  •  本データベースでは利用者からのご意見・ニーズ、メーカー・事業者からの更新のため窓口を設けております。現在の車いす等の代表的諸機能から抽出されたニーズを検索項目に用いていることから、項目に該当しないニーズは新たな開発への提案となる可能性があります。是非、ご利用の皆様へのフォームからのご意見をお待ちしております。今後も、結果に基づいたニーズ検索項目の更新を予定しております。なお、「軽い車いすを」等、製品の物理的属性のみに関するニーズは除外しております。製品仕様からの検索・ソートでご確認下さい。
2012年データ更新について
  • 1.新しい製品・適合効果の認められた製品情報を更新しました。
  • 2.メーカー毎掲載製品表示機能・他機能検索機能を付加しました。
  • 3.メーカー・貸与事業者様による情報更新・コメント欄を新設しました(認証要)。
  •  本データベース開設時以降、介護保険貸与対象の車いす関連製品に随分変化がみられております。近年、開発されてきている各社製品群には、介護保険利用者の状況を反映し以下の特徴が顕著です。
  • 1.小型・軽量化
  • 2.移乗への配慮
  • 3.操作性の簡易化 (特にティルト・リクライニング型車いす)
  • 4.姿勢保持・活動性向上への配慮
  •  そうした動向と、南多摩圏域の本事業参加施設よりの情報・シーティング・クリニックでの適合業務の結果を踏まえ、掲載製品の改定を進めております(トップページオレンジアイコンは情報更新部分)。
  •  本データベースにおける検索画面として使用しております各ニーズは、現在の車いす等の諸機能の活用により実現・改善が期待されうるニーズを、 3段階の座位レベルにおいて特徴的であると想定される3群に分類したものです。シーティング・クリニックにおいても、同様のアセスメント・シートを使用してきており、6年間のシーティング実施者より聴取されたニーズには、座位能力との関連が認められています。このことから、利用者の座位能力に適した車いすを選ぶことの重要性、特に、ニーズの言語的発信が難しい方においても、より適切な座位能力評価に基づき潜在的ニーズを見出す適合支援が必要であると考えられます。
  •  また、本表以外にも、「ブレーキのかけやすいよう」「かけ忘れを防げるよう」「ティルト・リクライニング型車いすの乗ったまま車に乗れるよう」「段差でぶつからない転倒防止バーを」「移乗しやすいクッションを」・・・といったニーズを複数伺っております。こうした結果の整理に基づき、今後、検索方法の整理検討も進めていく予定です。
  •  シーティングの実践を通じて、私共の支援機関においては、一般的なリハビリテーションの実施に比べ、よりADLの改善をもたらすことを示唆する結果が得られつつあります。また、福祉用具、特に車いすの不適合は、早期離床の遅延、褥瘡リスクの増大、ひいては身体拘束等の要因になりえます。
    (厚生労働省 平成20年度老人保健健康増進等補助事業「認知症をもった要介護高齢者の介護状況並びに福祉用具に関する調査研究」
  • シーティング実施者のニーズ内訳
  • ニーズ(群)と座位能力との関連(座位能力とニース(群)との間に関連性が認められた)
2013年データ更新
価格の表示
  • 購入希望価格: 各メーカー・輸入代理店よりのアンケート等に基づいて表示しております。
  • 貸与参考価格: 全国主要貸与事業者・都内車いす事業者・南多摩地区貸与事業者に紹介製品の取扱・価格に関するアンケートをご協力依頼し、その回答結果から平均値に最も近い代表値を表示しました。ただし、最頻値と平均値とに差が顕著な場合、最頻値を採用します。
取扱先
  • ニーズ・機能・サイズ・重量等から選んだ車いすの取り扱い先は、「レンタル事業者取り扱い先一覧」をクリックして頂くと一覧表示されます(地区限定:全国・関東/都内車いすメーカー/南多摩)。
  • 2013年3月〜2013年6月に実施した調査に基づく結果を表示しており、ご参照時点での取扱製品と異なる可能性があります。アンケート未回答の事業者の取扱い製品は空欄となっております。ご了承下さい。
  • 情報更新等のご要望は、「関連事業者のみなさまへ」からご依頼下さい。
  • 地域リハビリテーション支援事業推進室: 石濱 裕規 (PT, Ph.D)
    協力: 岩谷 清一 ,黛 文 ,星本 諭