平成22年度 介護者講習会 特別講演(共催) -実施講習会等の概要-

 

テーマ: 認知症と共に ~なくなる記憶、なくならない感情~

開催概要

平成22年度 介護者講習会 特別講演(共催)の様子1

開催日:   平成22年11月13日(土)
会 場:   介護老人保健施設 イマジン
参加人数:  50名
講 師:   瀬川 浩 先生
       ヒルサイドクリニック 院長 (内科・神経内科)

内容

【1. 認知症患者の気持ちを理解するその前に】
 認知症患者を本当に理解して眺めて見直してみると違う世界が見える

【2. 認知症の診断基準】
 短期記憶または長期記憶の障害
 抽象的思考の障害
 判断の障害
 高次皮質機能の障害
 人格変化

【3. 短期記憶が無くなってしまったら連続性を失った状態である】
 連続性が断たれると、前後関係が分からないためにとっても不安になる
 適切な判断が出来なくなる
 記憶力の障害は人々をとっても苦しめる

【4. 認知症患者に残されている機能】
 基本的な感情はかなり末期まで保存される
 認知症患者の世界を想像して、相手の考え方に合わせて対応することが重要

【5. 認知症患者への対応】
 医療, 介護

平成22年度(2010年度) 実施講習会等の概要一覧へ

▲PageTop
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
Copyright © 2017 Tokyo South-Tama Community Based Rehabilitation Center (M-CBR). All Rights Reserved.