平成22年度 動作介助法講習会(HNA理論による動作介助法) -実施講習会等の概要-

 
平成22年度 動作介助法講習会[HNA理論による動作介助法]
平成22年度 動作介助法講習会[HNA理論による動作介助法] ご案内(PDF)

 会 場:   介護老人保健施設イマジン
 講 師:
  斉藤 大輔 先生 (NPO法人 動作介助研究会
    医療法人社団 愛友会 動作介助研究会員)、
  高城 宗敏 先生 (NPO法人 動作介助研究会)、
  中野 まり子 先生 (NPO法人 動作介助研究会)

内容

 1回目: 平成22年 9月 9日(木) 「ホールドアンドカバー法」(斉藤大輔講師)
 2回目: 平成22年10月 7日(木) 「スライド法」(高城宗敏講師)
 3回目: 平成22年11月11日(木) 「寝返りから起き上がりまで」(中野まり子講師)

【トランスファーの問題点】
 「持ち上げる」ことによる腰痛・事故

【Human Natural Action の概念】
 人間の正常な動作パターンが理論の中心として用いられる。
 「わたしたちはどのように動くのか?」⇒「ケースは何ができるのか?」を考えることで、、必要なところにのみ介助を加えていく。介助が最小限で行われるためケースの残存能力がいかされる。

【トランスファーに介助を要する原因】
 1.下肢の支持性はあるが、立ち上がれない
 2.下肢・体幹の支持性が無い

【介助をする上で忘れてはならないこと】
 ・ケースの能力を的確に判断する
 ・「ケースを動かす」のではなく「動くことを手伝う」
 ・「してあげる」ことでケースの能力を奪わない(過介助になっていないか?)
 ・「適切な声かけ」も立派な介助である
 ・ケースが不快な思いをしていないか考える

感想

  • ケアワーカーに伝えるためにもがんばります。
  • 日々の業務もお忙しいなか、計画から実施まで御尽力頂き、ありがとうございました。
  • とても有意義な時間になりました。とてもわかりやすく、便利なトランスファーを教えて頂きました。ありがとうございました。
  • とても良い研修会でした。改めて自分の重心移動の大切さを実感しました。
  • 明日から使える知識:技術をありがとうございました。
  • 実際の業務内で、スライド法を使用し、ご本人、スタッフに、楽なケアが出来るようになりました。
  • 実際に臨床で使ってみたいなと思います。
  • デモンストレーションを丁寧に行っていただき、分かりやすかったです。
  • 参加人数に対してしっかり講師の方についていただき指導を受けられることができました。
  • トランスファー、起居動作の患者様、介護者に負担のかからない動作を学べました。臨床の場で活かしていきたいです。
  • みんなに伝達していきたい。最後に参考用紙をもらえて助かりました。ありがとうございました。
  • 現場で使える介助法をわかりやすく伝えていただきました。ありがとうございました。
  • 具体例をまじえてとてもわかりやすく、参考になりました。
  • 実際の現場でも導入してみたいと思いました。
  • とても勉強になり、臨床で役に立ちました。ありがとうございました。

関連リンク

 動作介助研究会

平成22年度(2010年度) 実施講習会等の概要一覧へ

▲PageTop
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
Copyright © 2017 Tokyo South-Tama Community Based Rehabilitation Center (M-CBR). All Rights Reserved.