平成25年度 第7回 新人教育研修プログラム (新人セラピスト教育研修会)

 

テーマ: 多職種で学ぶ福祉用具-制度と事例-

平成25年度第7回新人セラピスト教育研修
平成25年度第7回新人セラピスト教育研修 ご案内(PDF)

「業者任せ」のセラピストと言われないために…
「知らない」ことで患者さんに負担をかけないために…
※本研修会は入職1~3年目のセラピスト、および福祉用具に関心のある方(職種・お立場不問)を対象として企画しています。

開催概要

開催日: 平成26年1月9日(木)
会 場: 八王子生涯学習センター
     (クリエイトホール5階)
     東京都八王子市東町5-6 [地図]
参加人数: 60名
講 師: 古谷将一(ヤマシタコーポレーション)、
     斎藤博人(山六)、
     大嶋勝己(日本オートランニングシステム)

内容

2013年度第7回新人研修プログラムの様子

1. 福祉用具貸与(株式会社 ヤマシタコーポレーション)
 ○職種間の連携・役割
 ○介護保険制度の中での福祉用具~例外給付・自費サービス~
 ○新商品のご案内

2. 住宅改修(株式会社山六 介護ショップミニロクメイト)
 ○住宅改修にかかる費用と助成金
 ○改修事例
 ○改修のポイント

3. 補装具の支給(日本オートランニングシステム株式会社)
 ○補装具の定義
 ○補装具の種類
 ○補装具支給制度の概要と支給の流れ
 ○各職種の関わり

感想

  • 多職種との連携が必要であるということ。そのために多職種がどのような仕事をしているのかもっと具体的に理解しようと思った。
  • 住宅改修のアイデアはとても参考になりました。今後生かしたいです。
  • STのため福祉用具についてはほとんど知識がない状態だったので、住宅改修の公園は写真が多くてわかりやすかったです。
  • サ担当に業者さんも呼んで頂きたいとのこと。多くの職種でのアプローチの大切さがわかった。
  • 患者様に最もあった福祉用具等を選択できるよう今回学んだ知識を活かしていきたいと思います。
  • 福祉用具の制度についてまだまだ知らないことが多いと思いました。
  • 住宅改修で今まで出なかったアイデアを提案していただけたのがよかったです
  • めったに聞くことができない業者さんの意見が聞けてよかった。是非在宅カンファレンスに参加して情報共有できればいただきたい。
  • 住宅改修では実際の改修の様子がよくわかった。
  • とても勉強になる講義でした。次回も是非参加させて頂きたいと思います。準備を含めありがとうございました。

心に残った一言

・無駄な改修はしない

関連リンク

平成25年度(2013年度) 実績報告の一覧へ

▲PageTop
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
Copyright © 2018 Tokyo South-Tama Community Based Rehabilitation Center (M-CBR). All Rights Reserved.